ピアノを処分したい場合、いくつかの方法があるので一つずつ紹介していきます。

基本的に大型ピアノの場合は、処理困難ゴミに分類されるために、自治体のゴミ処理センターでは処分できない時があります。

 

とある市役所では、大きいピアノは処分不可能であるため専用の業者を紹介するケースがありました。

まず試しに地元の市役所に問い合わせることも考慮しましょう。その他には、ピアノの買取業者を利用できることも覚えておきます。

 

所有しているピアノの種類によって結果は異なりますが、基本的にどんなピアノであっても無料で査定(見積もり)して貰えます。

査定そのものにはお金がかかることがないので、もしかしたら処分と同時にお金が手に入る可能性を考えると、試しに申し込んでみるのも良いかもしれません。

 

もしも査定に申し込む場合は、複数の業者にお願いしてみると良いでしょう。

インターネット上で、複数のピアノ買取業者の紹介がされているので、ホームページをよく検討した上で連絡を取ってみます。

 

片方の業者では買取して貰えなかったとしても、別の業者に買取して貰えるケースがあるのです。

また買取値段も比較することができるので、時間に余裕がある場合は複数の業者を活用するのも良いでしょう。

 

その他にも、インターネットや地元サービスを利用した寄付が使えます。完全にボランティアになりますが、地元でピアノを欲しがっている人を探して譲ることです。

だいたいはインターネットを介した、地元で欲しい人に譲りあう掲示板のようなものが存在しています。

それらの掲示板を使って、欲しい人にピアノを譲ることで処分できます。