仮想通貨というとまずその名を一躍世間に広めたビットコインを思い浮かべるかたも多いでしょうが、世の中には数々の仮想通貨が流通しています。

その一つがライトコインで、2011年からビットコインのシェアを上回るような仮想通過を目指して公開されています。

 

そのため、ビットコインのネックであった部分をフォローする形で利用できるような取り組みが行われているのが特徴です。

 

たとえばこの2種類の仮想通貨の大きな相違点は、送金にかかる時間になります。

ビットコインでしたら手続きを開始して平均10分はかかるところを、ライトコインでは2分半で可能としています。

 

高速で取り引きが可能となっているというのがメリットの1つです。

ネット上の取り引きでしたらあまり気にならないでしょうが、実際の店舗で仮想通貨を使用しようとしたとき、支払いに10分もかかってしまっては利便性がいいとは言えないでしょう。

 

全世界に広まり利用者も多くなったビットコインの一番のネックと言われている部分でしたが、ライトコインではこの点をカバーしています。

 

さらにライトコインはビットコインが「金」なのに対して「銀」であることをコンセプトに作られているものです。

希少性よりもビットコインの4倍である流通量で勝負をし、採掘や取り引きを迅速に、そして楽にできるようにしています。

 

気軽に始められて気軽に利用ができるというのが魅力です。

 

代替通貨としての使い勝手の良さがライトコインの良いところになります。

ビットコインとは在りかたが違いますので、投資しておいても損はありません。