バイクの処分を検討している際には、手放す時期と現在の状態について確認しておくことが大切です。

既に廃車手続きを行い、ナンバー返却を済ませている場合と、ナンバーが付いたままでは処分までにかかる日数が変わってしまいます。

 

少なくともバイクがどのような状態となっているのか、メモ書きを行なった上で動作確認を行い、それからバイクの処分先を行なうといった流れになります。

バイクを売却する際には、排気量やメーカー・年代といった様々な要因により売却価格が変わるはずです。

 

自宅近くで直接持ち込みや引取が出来るからという理由で1社のみに見積もりを依頼することは勿体無いです。

なぜなら、バイクは売れる地域と車種に偏りがあるだけでなく、販売ルートの有無により大きく売却価格に差が出やすいからです。

 

地元の付き合いがあるバイク買取業者ならば査定額が高いとは限らず、少なくとも数社の見積もりを比較して買取業者ごとに競わせることで売却価格を引き上げることが出来ます。

バイク比較.comならば、メーカー・排気量・バイク名といった3項目から簡易査定が出来るので、全国の優良買取業者が提示した見積り価格を比較して、最も高く買い取ってもらえそうな業者に本査定依頼を掛ければよいわけです。

 

バイク買取.com経由ならば、互いに買取価格を比較されていることを買取業者自体も理解しているので、大きな価格差が生まれやすいわけです。

一度査定に来てもらうと、必ず売却しなければならないと考えがちですが、バイク買取.comを利用した査定では、買取価格に納得出来なければ買取依頼を止めることが出来ます。