3gatu2

これ以上乗る予定の無いバイクが自宅にある場合、結論から言うと、早めに売却してしまった方が良いです。

もちろん、自宅に放置しておくことで、バイク自体の型がそれだけ古くなっていきますし、置いておいたせいでついた汚れや傷みのせいで、買取価格が下がるといった部分もあるのですが、それ以外にも、税金の問題があります。

 

バイクを持っている方ならご存じだとは思いますが、所有者には軽自動車税が課せられ、毎年、住民税や固定資産税なんかと同じく、市町村から支払いの請求があります。

そして、この軽自動車税ですが、実は、年度開始の日である4月1日時点でバイクを持っている人に対して、1年分の税金が発生する仕組みになっています。

 

つまり、乗る予定の無いバイクをずっと持ったままでいると、持っているだけで毎年税金を支払わなくてはいけないという事態になってしまいます。

 

中古バイクを扱う業者のCM等で、乗る予定の無いバイクは、遅くとも3月中には手放した方がお得だというような宣伝文句をよく見かけますが、それは、先程も書いた通り、4月1日時点でバイクを持っていると、また次の税金が発生するからという部分が根拠となっています。

 

以上の内容からわかる通り、バイクを持っているだけでも税金は支払わないといけないので、乗らないのであれば早めの売却がおすすめです。

 

また、余談ではありますが、バイクを売却したにも関わらず、市町村から税金の納付書や督促状が届くようであれば、速やかに役所へ電話する等して、必ず理由を尋ねるようにしましょう。

放置していると、税金が発生し続けたり、最悪の場合、財産の差押をされたりする可能性もあります。

 

ただ、市町村側は、市町村内にあるデータに基づいて税金の発生を確認し、各家庭へ納付書や督促状を送付しているので、基本的にはそちらに間違いは無いものと見て良いです。

売った人自身の勘違いか、もしくは売った先の業者の届出ミスであることがほとんどなので、早めに理由をハッキリさせ、どういった理由からの請求だったのか解決しておきましょう。